グーテンナハト!(2)

*今日は市内の「バルトロメウス大聖堂」「シュテーデル美術館」を訪れました。

 第二次大戦戦禍の中、この大聖堂を残し周りは全て瓦礫と化した写真が「ヒロシマ」や「ナガサキ」を連想させました。もちろん、大聖堂も相当なダメージはありましたが。通称カイザードーモ(皇帝の戴冠式も行われたとのこと)。

ここを訪れた者の一人として「平和への祈り」を心に刻みました。

 シュテーデル美術館では、興味深いことに、ここ700年間の絵画を時間軸で展示していて-**派、画家**といった展示の仕方ではなく-、例えば、「聖母子像」一つとってもそれぞれの時代の特徴を感じとることができ、面白い企画だと思いました。

 午後は休息。半日だけで約1万歩でした。

 ではシャローム!