「再び同じ時刻-不思議です」

*「今日の夕方5時」を再び経験しました。奇妙ですが。。。

 「今日の夕方5時」に出発し異なる地へ着きましたら、そこで再び全く同じ時刻、「今日の夕方5時」が待っていました。

 世界の「時の綾織」の中を私たちは生きているのですね。

 では、シャローム!