「ライフ・ラインのつどい in 神戸 &姫路」

*7/14〜15の「つどい」も主がお守りくださり、また祝福してくださいました。

 猛暑/酷暑の中、それぞれ70名弱の方々がおいで下さいました。神戸の会場−礼拝堂は大きく和風の趣がありました。姫路の会場−礼拝堂は満杯状況で−エアコンが効かない状況でしたが、それぞれとても楽しいひとときとなりました。

 神戸と姫路、それぞれの歴史、文化の違いは、教会堂建築にも感じられました。

 音楽ゲスト:菅原早樹さん(神戸)、カルバリー聖歌隊(姫路)。。。+番外編(網干のフルート奏者 木下氏-私の神学生時代の友人が遅れながらも駆けつけてくれました)  

 姫路の教会堂のすぐ近くに姫路文学館(安藤氏の設計)、隣町の三木露風生家など。。。

 やはり「姫路城」はすばらしかったです!

 では、シャローム!

 (宿泊ホテルではWi-Fiが使えませんでした)