散り花の下に集まる

*4.19:私の兄弟たちが「花見」の名目で久し振りに我が「侘寂庵」に集まりました!

 長姉、長兄夫婦、次姉夫婦・・・それぞれ思い思いの料理などを持参し(前日に届いたものもあり)、一日楽しく過ごしました。

 ふる里の、遠い昔の話が・・・文脈を離れて飛び交い、熱く燃え上がりました。

 こんな他愛の無い時間も素敵ですね。。。。両親や次々姉や長女を偲びつつ。

 妻の挨拶と祈り、長姉の食事の祈り・・・

 ではシャローム!

 

 「見よ。なんという幸せ なんという楽しさだろう。

  兄弟たちが一つになって ともに生きることは」(詩篇133:1)