Hawaii〜新しい歌を主に歌え(2)〜

「ゴスペルフラ」

 

前の欄で「ゴスペルフラ=賛美」に触れました。

実は、昨年の広島訪問の折に「つどい」の中で特別賛美される方々がいらっしゃいました。

どんな様子なのか、写真を掲載します(了解済)

驚いたことに、人前で話すのが苦手だけれど、主を証しできたらという方々が「賛美」のメンバーの中に複数いらっしゃいました。

また、聖書の表現(むずかしい表現)を英語手話を使う工夫もあり、幅広くさまざまな方々の共感を呼んでいます。

あなたも、あなたの教会でもいかがですか? (実は内気な妻も少しレッスンを受けました)
 

イザヤ書 61:3

シオンの悲しむ者たちに、

  灰の代わりに頭の飾りを、

  嘆きの代わりに喜びの油を、

  憂いの心の代わりに賛美の外套を

  着けさせるために。

  彼らは、義の樫の木、

  栄光を現す、【主】の植木と呼ばれる。

(『聖書 新改訳2017』)

 

ではシャローム!