in 山梨−昭和町

 ●11月12日㈰ 二ヶ月なのに季節が大きく変わったからでしょうか、ずいぶん久し振りって感じです。

いつものようにS夫妻が甲府駅でお迎え下さいましたが、車窓越しに、昨日の雨で冠雪となった南アルプスの山々が「お帰り!」って迎えてくれたような嬉しい気持ちになりました。


 

この日の礼拝は、特別に「子ども祝福式」(小学生4人、中学生2人)を行い共に祈る時を持ちました。また子どもたちの特別賛美も新鮮でしたね。

ダンディな老紳士H兄弟(白金工房創業者との事)・・・今度、アートJ.美術館をお訪ねしたいですね。

おいしい昼食カレー、デザート...兄弟がたのお話に花が咲き、帰る時間を忘れてしまいました。姉妹がたのお話もお聞きしたいのですが・・・いつもありがとうございます。

 

「苦しみ我を囲むとも」(教会福音讃美歌421番)をソプラノとベースのパートで練習されました。Ch.アドベントの期間歌うとのことです。この詩の誕生秘話(?)を少しお話ししました。遠い昔の日の事ですが、忘れ得ぬ恩師T師の教会音楽(自由)クラスの中から生まれたと言える讃美歌です。

E.カントライのCDの中にも、今年帰天されたK.E.先生のCDの中にも入っています(姉妹が好きな讃美歌の一つだったと伺いました。夫のE先生と新改訳2017の出版記念会の折に少しお話ができてよかったです)。

 

写真:枯れたぶどう棚と南アルプス、「鐘」(旧甲府駅の釣鐘-「かふふ来」-甲府と幸福をかけているみたいですね-)

   東戸塚駅前のイルミネーションです。

   *最後の一枚「南アルプス」は、は甲府在住  photo by Mr. Shimura ナイス!

 

次回の訪問は2018年1月21日になります。甲府方面にお越しの折は是非教会に来てみて下さい。ではシャローム!