「かんげき!」

◎きのうの夜、「間隙」を縫い、「観劇」し、「感激」しました!

(勝手に)友人の「和泉ちぬ」氏の公演に妻と「池袋」へ行ってきました。(夕方の上り線はすいていると思ったところ、「湘南新宿ライン高崎行き」は混んでいました。) ほとんど行ったことがない池袋。少し早めに着いてよかったです。

 

「公園」の一角にあるお寺の横のシアターで「公演-初日」は満席で補助席が並びましたね。

私たちは正面三列目の「特等席」でした。隣にこれまた友人のTn氏夫妻。

「生の観劇」は久し振りでした。

「30年間」という時代枠組み、昭和から平成の今までの世相をうまく切り取った楽しい劇でした。原案は「シェークスピア」だと言い、[笑うシェイクスピア!「恋の骨折り損」]と銘打っていましたが、私はそのストーリーは全く知りませんでした。。。。

「骨折り損」を「努力すればいつか報われる」といった真逆の意味でこの言葉を使ったことから来る「どんでん返し」・・・

どんな舞台でも変わらない「明るい−ちぬさん」がいました。「ちぬさん」の笑顔は幸せを届けてくれます。ダンケ!

それから、この人の踊りはちょっと違うなあって思っていると突然、別人の声色(恐ろしい低い声)に・・・驚き! あとでパンフレットを見て、元宝塚のトップスター(星奈優里)とのこと・・・なるほど。松下萌子、島崎裕気といった女優さん・・・ほかの男優さんも息が合っていましたね。

 

なんと、明日は「宝塚」の教会へ「お使い」に行きます(グッドタイミング!)

それから土曜日は「岸和田」(なんか、こわっ! いえ、この地には緑園ccの出身−牧師がいますね)、日曜日は「桜井」(関西の閑静な町・・・二度目!)・・・

ではシャローム!