in 湘南

●8月27日㈰  礼拝 in湘南


なにかしら「ウキウキする」感じの湘南往復でした。

相鉄線から湘南台駅で小田急線へ乗り継ぎ、鵠沼海岸駅でOご夫妻にpick upしていただく。
前任牧師のF師の時代、旧教会堂時代でご用をさせていただいた時からずいぶん時が経ちました。
礼拝開始前、そのF先生夫妻−教会施設の隣地にお住まい−と少しお話しできました。

そのとき同性のご年配の婦人の事を少し覚えていたのですが、昨年帰天されたとの事でした。

私には知らない方々ばかりですが、「ライフ・ライン」をご覧になっている方々が多いこともあり、気さくに声をかけて下さいました。司会をされたS兄弟は番組制作のY兄弟を京都時代から知っているとの事でした。

 

礼拝堂は天地創造をモティーフにデザインされたという-コンクリート打ち放しですが、礼拝者の皆様が落ち着いた雰囲気を醸し出している事もあり、とても話しやすい空間でした。

礼拝後の昼食の時も感謝でした。私より15,6年は多く時を刻んで来られた方々と同じテーブルで楽しく過ごしました。
終わりに皆様との対話の時間がありましたが「巡回」のことをお尋ね下さり感謝でした。
またあるご婦人が、長女の「あかし」−昨年の葬送式で列席された方々に配りましたもの−を読みました、と言われたのが印象的でした。あの台風の中、列席されたF牧師が持ち帰り教会の皆様に印刷して配ったとの事でした。

湘南地方は温暖です。海も風も素敵です。そしてこの湘南の教会には「あたたかい風」、「傷をいやす風」が吹いています。お互いのために祈り合うことが「当たり前に」なされている素敵な教会なんですね。前任のF師夫妻、そして現任のF牧師夫妻の祈る姿が見えるようです。

ではまたいつの日にか、シャローム!