“原田くん”“原田さん”

●8月6日㈰礼拝  二宮でメッセージの御用に当たらせていただきました。

夏の渋滞を考え、電車、バスで出かけましたが、平塚駅を過ぎる頃から、懐かしさがこみ上げてきました。神学生時代になりますが、D宣教師が伝道されていた時の一年間訓練・ご奉仕のために浜田山から通いました。

二宮の隣町の大磯の教会に導かれた私には、二宮の教会とは青年会間の交流が盛んであり、「原田くん」「原田さん」、「**さん」「**くん」と親しく呼び交った兄弟姉妹がご健在なこともあり、格別に懐かしく思われるのです。

昼食の「しらす丼」も漬物も美味しかったです。感謝。

 

昔、「普通の女の子に戻りたい」と言って解散した「キャンディーズ」という3人組がいました。

今頃になってこの言葉っていいなって思えます。

政治家の世界で、「**先生」と呼ばれることが当たり前になって、謙虚さをなくした方々がなんと多いことでしょう。

いやどの「世界」でも、立場や地位によって謙遜さ、奉仕の心をなくしてしまうことは少なくないですね。自戒を込めて。

 

だいぶ早く二宮に着いたので、海岸に行ってみました。

やっぱり海はいいですね〜

「石」の顔がいいです。