in 鹿嶋

●きのうは鹿島福音キリスト教会での礼拝説教のご用をさせていただき感謝でした。

今回はSa牧師の休暇留守番ですが(このような時にお使い下さい)、昨年9月「世の光のつどい」で訪れたときの方々と再会できました。

司会のA兄弟、奏楽のM姉妹、祈りのY姉妹etc. 求道中の方々とも少しだけお話できました(説教中、熱心に耳を傾けていました)。車いすのF姉妹(ご高齢で目が不自由)と介添えのNa姉妹(「暗夜行路」の方)の座席位置は昨年のときと全く同じでしたが、主にあるやさしさがあふれていました。

礼拝後の交流のひとときは楽しかったですね。ご婦人方も男性方も・・・

コンビナートが開かれた頃、大勢の方々が鹿島に移住して来られました。

40年前の神学生時代、宣教師の夏休暇の留守番で隣町の神栖に一ヶ月いた頃の「山が見えなく心細かった」というたわいもない私の話にみなさんがつないでくださり、この土地に対する思いを伺うことができました。当初は戸惑いながらも今はこの土地が好きだとお聞きし、嬉しかったですね。

A兄弟と昼食を共にし、ゆっくりとした時間を過ごさせていただきました。Sa牧師のご配慮ですね。感謝。

 

そういえば、朝着いた時に、教会堂玄関口の涼しげな花が迎えてくれました。写真。

それでこの花の名前をお尋ねしたのですが、どなたもご存じなく、、、礼拝後、どなたかがスマホで調べて下さり、「ヒメツルニチニチ草」と教えていただきました。

それでも帰ってきてから気になるので調べました(ヤサシイエンゲイ http://www.yasashi.info/ru_00002g.htm)。その結果、「ルリマツリ」(プルンバーゴ.南アフリカ原産)ではないかと思いました。

実は「ツルニチニチ草」(ブルー)は家にもあり、横にどんどん根を伸ばしていきますが、あの玄関口の花は、「ブーゲンビリア」風の枝で、花もやや小さく、葉も少し違います。間違っていたらごめんなさい。

子株を分けて頂きましたのでさっそく鉢植えにしました。「野の花を見てご覧」・・・