「代役」

●昨日は、久々に所属の教会の礼拝に参加できました・・・ 

実は、体調面で心配のある大先輩のM師が、予定している北方面でのご奉仕が難しい場合には「代役」をということで土日と空けていたのです。幸い大丈夫でしたので、安息日となりました。

●今日は、海外出張されたA師の「代役」でLLのメッセージ収録に出かけることになりました。

 

●「代役」というのは、一見無駄に見えますが、いつ出番が来ても良いように備えていなければなりません。

昔、野球の世界で「8時半の男」と呼ばれたピッチャーがいたことをふと思い出しました。彼の出番がないということはピンチの場面ではないということです。

私たちの「主の働き」はチームワークが「鍵」です。一人でなんでもできる、一人でしなければと思い詰めないことです。

紙面の「余白」や、ハンドルの「遊び」を忘れないことです。

私も「代役」が立派に務まるようにふだんから備えておきたいと思わされる昨今です。

 

●夕方になると、今年デビューしたウグイスが、キレイな通る声で鳴きます。若い力が伝わってくる鳴き声です。シメの部分がもう一つキレないのですが・・・

・二枚の写真;なんだかわかるでしょうか?・・・ムギワラトンボとシオカラトンボです。子供の頃はどこにでもいて、トンボとセミを捕るのが日課でした。ここにはいるのです!

ウグイスの姿が撮れないので、一昨日写したトンボに「代役」をお願いしました。ちょっと無理でしたかね。