【in 北海道地区-世の光&ライフ・ラインのつどい】3日目を終えて

6月15日 in 苫小牧   ➡️ 16日 in 札幌

  今日の苫小牧は小雨でした。電車から苫小牧に近づくと、霧がおおい、町が見えません。

駅に降り立った時、やや寒いなと感じました。あとで見ると、なんと13℃です。そういえば、3年前も確か小雨でしたね。

神学校の先輩、N師(最近入退院されたとのこと)の送迎とご配慮に恐縮&感謝。到着後、チェックインまでの待ち時間を「ほのか」(天然温泉)でゆっくり休めました。

 

苫小牧地区(15日)19:00~20:30・・・

 会場:「苫小牧文化交流センター(「アイビー・プラザ」)」・・・来会者 約170名弱。小雨の寒さを感じる中、よくおいでくださいました。
*音楽ゲスト:新田 昌弘氏(津軽三味線)はさらに即興性が増幅・・・カホン奏者の**優(ユウ)氏(22歳)もよく頑張りました。

*メッセージの入り方には気を使いましたが語りやすさを感じる雰囲気がありました。「アメイジング・グレイス」がアンコールにしました。歌詞が印刷されていたので歌ってくださいました。これも参加者とゲストとの「一体感」につながりましたね。

 会場から約100km離れている静内地区から教会のメンバーとご一緒に来られたS師の笑顔にホッとしました。帰り際、出口の所で「ライフ・ライン」や「世の光」を視聴されている多くの方々に私の方が励まされました。それぞれが遠距離にあるこの地区の教会間の連携がますますよき実を結んでいきますようにとお祈りしますね。

*集会後に宿泊先に入り、「ホッキ貝弁当」(ホッキ貝は苫小牧名産)をいただきました。おいしかったです。

*明日は札幌に移動します。「つどい」は午後と夜の二回です。会場は「カデル2•7」(北海道立道民活動センター大ホール:521席)です。明日もたくさんの方に来ていただきたいと願いながら・・・

ではシャローム!