【in 長野東信地区-世の光のつどい】

6月10日~11日 in 長野「世の光のつどい」
*お祈り感謝します。
 不十分な者であるにもかかわらず、昨年に続いての「主キリストのメッセージ」をお届けする大切なご用に当たらせていただきました。
*音楽ゲスト:黄原亮司氏(チェロ)、廣田氏(クラリネット)、アビー・ラウザー氏(ピアノ)・・・やさしい音色、驚くような音色・・・さまざまな人生の音色を奏でて下さいました。

●10日 ㈯(軽井沢地区大会)19:00〜20:30
*会場:恵みシャレー軽井沢小ホール(初利用)
*司会:M師 (軽井沢キリスト教会牧師)
*出席者数:40名弱(軽井沢地区を意識し会場を変更したとの事)

●11日 ㈰(東御地区大会)(礼拝)10:30〜12:00
*会場:東御キリスト教会礼拝堂
*司会:N.T師 (東御キリスト教会牧師)
*出席者数:80数名(用意された週報等は増し刷りしたとの事)

●11日 ㈰(上田地区大会)14:30〜16:00
*会場:上田サントミューゼ 小ホール(初利用)
*司会:O師 (ガリラヤ丸子町キリスト教会牧師)
*出席者数:200名強(今までで一番多かったとの事)

<状況>
1)「軽井沢地区大会」は小雨まじりでしたが、落ち着いた良い雰囲気のつどいでした。
2)「東御地区大会」は、礼拝堂が手狭になるほどたくさんの方々が来られました。
3)「上田地区大会」は上田市が力を入れ、2014年10月にオープンした「交流文化芸術センター」(サントミューゼ)の音楽小ホールでした。ここは駅から近く音楽ホール、美術館等を揃えた施設とのこと。
<感想>
◎今回の音楽ゲストの方々からはそれぞれの信仰の恵みが伝わってきました。ご一緒できて感謝でした。
◎どの「地区大会」にも新しい方々が来られました。教会の祈りと活動が見える形で現れましたね。

 「世の光放送」を聞いていて下さる方々が多いと感じました。

 何らかの「決心」をなされた模様です(詳しくは後日の委員会による報告をご参照下さい)。
◎よく準備されている「つどい」だと感じました。初日の幕開け前、委員の方々の祈りの時に「小さな祈りの課題」の紙が配られました。この当たり前のような事の中に、この地域の方々の教派を超えた宣教協力の力を感じます。

見える所の司会者の先生方だけでなく、受付、報告、プロジェクターほかここでは諸師兄姉の仕える姿が私にとって大きな励ましでした。
●(今回のラリーとは別に)先月奉仕した長野のいくつかの教会からの参加者があり、嬉しかったですね。

◎主よ。このつどいを主催された「世の光」放送を支える東信地区の教会〜牧師・兄弟姉妹の皆様の祈りと地道な活動を通して、「世の光」番組がますます人々の心の中に届きますように。あなたの教会につながる働きとなりますように。アーメン

 

(写真)「ユキノシタ」はまだ花が咲いていませんでした。昨年ここで「ユキノシタ」の由来を実感したのですが。「恵みシャレー」に近い「雲場池」の鴨は今年もいましたが、朝早かったのでまだ眠っていました。東御キリスト教会堂の近くにはバラがきれいに咲いていました。