【in 山梨–昭和町】(1)

◎4.23㈰ 礼拝 於 昭和町キリスト教会

 

初めて訪れた「昭和町(cho)」でした。
甲府には個人の旅、奉仕を含めて何度か訪れたことがありましたが。

勝沼を過ぎる辺りから風景が一変・・・教科書通り「盆地」です。
良い天気の中、甲府駅から約30分、S兄姉の送迎車に乗せていただき(帰りも)、山々に囲まれた美しい風景を楽しみながら無事に到着。

代表のHo兄姉は彼らのお子様たちと私たちの息子達がキャンプ仲間。以前、奥多摩新年聖会でご用をさせていただいたときのリーダー家族でした。その聖会で、Meg.K.姉妹が宣教師へ踏み出す決心をされました。

昔からの知り合いで中野島cc出身のK兄姉-20年ぶりくらいですが一目でわかりました−、
物知りのS兄は地元の方(朝顔教会ゆかりの方-嬉しいことに作家 福永武彦のことを話せました)、時折カンボジアに医療ボランティアに行かれるという●姉(栃木)・・・山羊の乳を飲んで育ったとか、鶏とかカエルを食べたとか−なつかしい昔の「田舎」の話題に盛り上がりましたね・・・・

「昭和町」の教会は、甲府の福音キリスト教会の株分け開拓教会とのこと。この4月からF牧師が岐阜の教会へ転任のため牧師不在となり、私がお手伝いに呼ばれた訳です。かなり前に声がかかりましたので(先着順で引き受けることにしているため)、案外多く出掛けることになります。
牧師不在の間、毎週の礼拝説教者の確保(交渉)はもちろん、伝道、牧会上の事柄を信者さんたちがなさいます。
なかなか大変ですが、「主はわが牧者」と告白する群れですから、私の描く「隣人伝道」「相互牧会」が今の情況で鮮明に現れてくることを願い、この一年の間祈りたいと思います。