「in 埼玉 森林公園」「第56回日本ケズィック・コンベンション」

◎2.22㈬  一日参加 「祝福された生涯へのリセット」(イザヤ55:12)

*今回から「箱根」から会場を変えてのケズィック聖会でした。

 「四季の湯温泉 ヘリテージ リゾート ホテル」というおしゃれな会場でした。

 最近の箱根開催よりも多くの参加者があったとのことです。


一日参加でしたが、とても充実した一日をいただきました。

会場へは(妻と二人でしたので)車を使いました。

<往路>は、少し遠回りですが、「保土ヶ谷バイパス」から「東名」へ、海老名で初めての「圏央道」に乗り、「関越道」へ。このルートは景色もよく快調でした。約2時間で到着。午前の「バイブル・リーディング」前につきました。

<復路>は、「関越道」から「環八」「第三京浜」、夜の聖会後の時間帯でしたから、わりあいスムースに流れてくれたので、約一時間半で帰宅できました。

 

「バイブル・リーディング:スティーブ・プレディ師(英国)

Ⅰテサロニケ4:13〜14 

「眠った人々のことについては、兄弟たち、あなたがたに知らないでいてもらいたくありません。あなたがたが他の望みのない人々のように悲しみに沈むことのないためです。
私たちはイエスが死んで復活されたことを信じています。それならば、神はまたそのように、イエスにあって眠った人々をイエスといっしょに連れて来られるはずです。」

 

◎主よ。あなたの約束は私たちの希望です、大きな慰めです。感謝します。この肉体の死ですべてが無くなるのではなく、あなたの復活のいのちにあずかる者とされているのですから。

先に帰天した娘や父母たち、友人たちと再会できる希望にしっかり立つ者にして下さい。アーメン。

 

「聖会Ⅱ」:小菅 剛師(札幌)

ヨシュア記5:14〜15

すると彼は言った。「いや、わたしは【主】の軍の将として、今、来たのだ。」そこで、ヨシュアは顔を地につけて伏し拝み、彼に言った。「わが主は、何をそのしもべに告げられるのですか。」
すると、【主】の軍の将はヨシュアに言った。「あなたの足のはきものを脱げ。あなたの立っている場所は聖なる所である。」そこで、ヨシュアはそのようにした。

 

◎主よ。あなたの聖さの御前では全く汚れた私です。また、私の前にはいつでも難攻不落と言われた「エリコの城壁」があります。たびたび戦意喪失、意欲をなくす場面に遭遇します。でも今、私はあなたに従います。私の大事にしてきた「足のはきもの」を脱いでお従いします。私の願いではなく、ただあなたの望まれることが、私を通して実現できますように。アーメン。